ENTERY
ENTERY
MENU
G.A 2018年入社 ベトナム出身

ベトナムで日本のIT企業に3年間勤めていましたが、もっと日本の職場文化を学びたい、日本語を上手に話せるようになりたいと思って日本での就職を考えるようになり、サイサンに入社しました。人事部の配慮で、同じ職場にベトナム人の同僚がいて、家も近いのでとても心強いですね。もちろん、入社当初は覚えることも多く、思うようにできず落ち込むこともありましたが、「自分のできることをコツコツ精いっぱいやっていこう」と思うと仕事も楽しくなり、分からないことも恥ずかしがらず積極的に先輩や同僚に聞いていくことができるようになりました。
現在は回収業務という仕事をメインに担当しています。回収業務とは、コンビニ振込の支払い忘れなどでガス料金が未払いのお客さまに対し、コミュニケーションを取りながら回収する仕事です。お客さまの大切なお金を頂く業務で、小さなミスが大きなクレームにつながることもありますので、細心の注意を払って業務に臨んでおります。また、営業としてLPガスの開栓/閉栓の作業をすることもあります。お客さまの中には日本語が苦手な方々もいらっしゃるので、ベトナム語や英語でコミュニケーションを取って説明できることは大きなやりがいです。

日本とアジアの架け橋になり、
いずれはベトナムに戻って
LPガスの普及に努めたい

仕事で喜びを感じる場面がたくさんありますが、中でも今年8月の営業トークコンテストで優勝できたことは本当に夢のような瞬間でした。私は恥ずかしがり屋ですし、日本語もあまり上手ではありませんから、推薦してくださった所長や同僚の期待に応えられなかったらどうしようと不安でしたが、みなさんが練習に付き合ってくださり、日々励ましてくださったおかげで、優勝することができました。ベトナムにいる両親もすごく喜んでいて、私の人生において忘れられない出来事になりました。今回のトークコンテストを通じて、お客さまの立場になって考えることの大切さや、お客さまに喜んでいただける商品を提供するにはどうすべきかといった大事なことを改めて勉強させていただきましたし、みなさんに支えられての自分なんだと気づかせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

私も早く先輩たちのようにお客さまから信頼され、指名されるような存在になりたいですし、ベトナム人として、ベトナムと日本の架け橋になり、さらにアジア全体の架け橋になっていきたいと思っています。ベトナムも発展してきてはいますが、まだまだ日本のようにはインフラが整ってはいません。いずれはベトナムに戻って、LPガスの普及に努め、LPガスの安全な使い方を多くの人に伝えていくことが私の夢です。 そのためにもLPガスの知識はもちろん、さまざまな業務を覚えてしっかり運用できるように努力しています。やっぱり何事もコツコツ頑張ることが大事ですね。あとは規則正しい生活。仕事には集中力が欠かせないので、眠くならないようしっかり睡眠をとることを心がけています。日々、新たな業務に挑むことが楽しいですし、入社して本当によかったと思っています。日本で働きたいと思っている外国人の方々には「サイサンなら、何も心配いらないですよ」と伝えたいですね。

SAISAN PERSON

INDEX

ページトップへ