SDGsに関する当社の取り組みについて

ガスワングループは、地球規模の課題解決に向けて、国連が掲げたSDGs(持続可能な開発目標)に賛同しています。お客さまと共に、さまざまな活動を通して、持続可能な社会への貢献を目指しております。

↓各詳細はアイコンをクリック!



目標1【貧困をなくそう】

 当社がPayGo社と提携して海外で普及促進する「スマートメーター」は、ご利用される方が設備投資をすることなく、LPガスを使用した分だけの少額販売が可能です。これにより、アフリカやアジアの発展途上国における低所得層の生活向上が期待されます。その他にも 煤(すす)やばい煙による肺疾患を防ぎ、また女性や子供の燃料用薪の採取負荷を軽減させ、目標3や目標5、目標7の達成に寄与します。


TOPへ


目標2【飢餓をゼロに】

 当社は、アジアを中心とした発展途上国でLPガス事業を展開し、現在9か国10社で事業活動を行っています。これにより現地で雇用の創出を行い、生活水準の向上に寄与しており、飢餓を無くすことに繋げております。


TOPへ


目標3【すべての人に健康と福祉を】

 当社は医療とガスを"信頼"で結び、24時間365日、医療ガス供給を事業の基礎として、医療ガス設備の設計施工および保守検査、そして在宅医療サービスを多くのお客さまに提供しております。さらに医療機器の販売や福祉用具レンタルの介護福祉分野などにも活動範囲を広げ、お客さまとのつながりを深めております。
私たちは、時代の変化を常に先取りし、お客さまにとって最適・最良の商品やサービスをお届けすることをモットーに「お客さまにとって最も身近なハートフルパートナー」でありたいと日々願い行動しております。


TOPへ


目標4【質の高い教育をみんなに】

 当社創業者出身校への「川本文庫」寄贈事業や、創業75周年記念事業として取り組んだ、ベトナム・タンタイン村に於ける小学校ならびに図書館建設プロジェクトは、未来を担う子供たちへ質の高い教育を行うための支援として行っています。


TOPへ


目標5【ジェンダー平等を実現しよう】

 当社は、大家族主義のもと、ダイバーシティプロジェクト、グローバル人材育成など、創業 100周年 Visionを担う人材の育成に取組んでおります。
ダイバーシティ推進は多様な人材が個性を最大限に発揮し活躍することで新しい価値の創造を目指すものであり、女性活躍推進についても今後、働きやすく生き甲斐のある職場環境を整備し、女性社員がより一層いきいきと働くことができるよう取り組んでまいります。
そして、女性採用の拡大を推進するとともに、女性社員の定着支援・働きがいの追求を継続的におこない、女性が活躍できる職場作りに努めてまいります。


TOPへ


目標6【安全な水とトイレを世界中に】

 当社は、埼玉県の環境保全を目的として、目標15の達成に寄与している「サイサン環境保全基金」を重要な活動ととらえ、森林・里山保全や河川・水質浄化・自然環境保全活動などに助成し、水資源の保護に寄与しています。
また、東南アジアでは、水道事情が悪く、飲み水購入が常態化されており、トイレも不衛生な環境の中、タイでは、LPガススタンドで飲める飲料水の提供や清潔で安全なトイレの提供、インドネシアでは、現地ミネラルウォーターの既存商流を活用し、地域のお客さまへミネラルウォーターのトライアル販売を準備中で、クリーンな水を提供することに寄与しています。


TOPへ


目標7【エネルギーをみんなに そしてクリーンに】

 地球上では30億人の人々が、エネルギーとしてのガスを利用できていないと言われています。当社グループでは発展途上国へ進出し、現地パートナーとともに環境負荷の低い LPガス普及に努め、生活文化の向上と薪炭や石炭などの燃焼にともなう煤(すす)・ばい煙等環境汚染、健康被害を抑制することに寄与します。 また、国内では、都市環境(NOx、CO)に優れ、CO2発生量も少なく、PM(浮遊粒子状物質)や黒煙もほとんど排出しない低公害車であるLPG自動車の普及促進に努め、社有車の約64%は、地球にやさしいLPG車を使用しております。


TOPへ


目標8【働きがいも経済成長も】

 当社は、障がいのある人が、障がいのない人と同様、その能力と適性に応じた雇用の場に就き、地域で独立した生活を送ることができる社会の実現に取り組んでおります。
当社各拠点において障がいのある社員が活躍しています。2018年には、障がい者雇用率が 2.51%となり、法定雇用率 2.2%ならびに埼玉県障害者雇用優良事業所認定雇用率 2.3%を達成しております。
今後も採用の拡大を推進するとともに、障がいを持つ社員の定着支援・働きがいの追求を継続的におこない、さらに多くの仲間と働けるよう努めてまいります。


TOPへ


目標9【産業と技術革新の基盤を作ろう】

 近年、産業の技術改革にともない産業ガスの種類および用途は大幅な拡がりを見せています。日本産業の発展に貢献するビジネスパートナーとして、このような産業界からのご要望にお応えしてまいります。株式会社サイサンならびにガスワングループでは、あらゆるガスをお届けするとともに、ガス利用機器および供給設備の設計・施工業務を通して、お客さまにガスのトータルエンジニアリングをご提供いたします。


TOPへ


目標10【人や国の不平等をなくそう】

 創業100周年の2045年に向け、「アジア・太平洋地域で総合エネルギー事業分野、ならびに生活関連事業分野でのリーディング企業となる」というVisionを発表いたしました。これを実現する施策の一つとして、ダイバーシティを積極的に推進してまいります。
少子高齢化による人口減少や、益々厳しくなるグローバル競争など変革が激しい時代の中、性別や年齢の違い、国籍の違い、障がいの有無などに関わりなく多彩な人財を積極的に採用し、内外の異なる事業領域で育成していくことは重要課題であります。
固定的な役割分担意識や様々な格差を解消し、あらゆる分野での機会均等を実現し、地元密着型企業として地域社会への貢献ならびに競争力の強化を目指してまいります。


TOPへ


目標11【住み続けられる街づくりを】

 当社グループのコアビジネスであるLPガスは、分散型エネルギーとして国のエネルギー政策でも、ハンドリングが容易で劣化しにくい高密度エネルギー体として“最後の砦” と位置付けられており、公共施設や避難所においても普及を進め、自然災害等に対して強靭な街づくりに貢献しています。


TOPへ


目標12【つくる責任 つかう責任】

 当社ではなでしこチーム(女性活動チーム)の活動として、
・使用済み切手の収集…公益財団法人日本郵趣協会へ寄附。
・プルタブ・アルミ缶収集…回収したプルトップで車椅子を購入し、福祉施設等へ寄贈。
・エコキャップの収集…医療支援・ワクチン支援や障がい者支援、子どもたちへの環境教育等、循環型社会に向けて様々な社会貢献活動に寄与しています。
 また、「つくる責任」として、徹底した分別・リサイクルを行い、「つかう責任」として、お客さまへのリサイクル意識向上のための啓発を行っております。


TOPへ


目標13【気候変動に具体的な対策を】

 当社では、LPガスの特性を活かしCO2排出量が少ない環境に優しいエネルギーを使用するエネファームやエコワンなど高効率給湯器の販売普及促進や燃料転換など地球温暖化防止に寄与しております。また、電力や都市ガスのエネルギー供給に参入し、全国各地に太陽光発電施設として「エネワンソーラーパーク」を建設。風力発電も含めた再生エネルギーの開発に取り組むとともに、天然ガス、バイオマスなどさまざまな発電所から調達した電力を採用して、気候変動対策に貢献しています。 特にモンゴルでは、MCSコカ・コーラ工場をはじめとする大型工場や中小の工場、また、学校や一般住宅まで幅広く脱石炭を推進。石炭焚きボイラーおよびストーブをガス燃料に転換し、ウランバートルの大気汚染問題の改善に努めたため、グループ会社であるUNIGAS LLCは同国の鉱業・重工業省より表彰を受けております。


TOPへ


目標14【海の豊かさを守ろう】

 当社では、海洋温暖化や海洋酸性化の原因となる二酸化炭素の削減に努めるべく、目標13の達成に寄与している全国各地に太陽光発電施設として「エネワンソーラーパーク」を建設および風力発電も含めた再生エネルギーの開発など、環境に配慮した活動しています。
また、沖縄県所有の沖縄海洋深層水研究所より海洋深層水をパイプラインで仕入れ、加工商品化しておりますが、海洋深層水を地域で利活用することで海洋資源の保護にも繋げております。


TOPへ


目標15【陸の豊かさも守ろう】

 当社では平成10年4月、埼玉県知事の許可を得て財団法人「サイサン環境保全基金」を 設立、平成23年4月、公益財団法人へ移行いたしました。経営を通じての、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減やリサイクルなどの環境対策は当然のこととしても、より直接的な環境保全への関わりについても思いをめぐらせて参りました。
私どもガスワングループの本拠地である埼玉県は、産業経済の発展と都市化進展が最も顕著な地域であり、しかし一方、武蔵野の台地や丘陵、秩父の山間地帯などに、なお豊かな自然を残しています。その埼玉県において、「彩の国」の自然を守る環境重視の行政が進められ、それとタイアップしながら、団体や個人による県民の自主的な環境保全活動が発展してきました。そして県当局の指針において、企業の環境保全活動へのより積極的な関与が求められ、そのひとつの形として、市民活動を助成する財団法人の設立も提案されてきたのであります。
設立以来 23年、財団は、2020年度末までに延べ 995団体に対し総額 3億9,000万円の助成を決定し、埼玉県における環境保全に貢献して参りました。多くの環境保全団体の方から当財団の助成によって活動を継続することができたと評価をいただいております。環境保全という大きなテーマに対し、ささやかではありますが、意義ある活動を継続・発展して参ります。


TOPへ


目標16【平和と公正をすべての人に】

 当社は、以下の「経営理念」に基づきグループすべての力を結集し、 グローバルな視野で未来に向かい、創造的で、 豊かな明るい人間環境づくりに努め、 そして人類の進歩発展に貢献します。
Ⅰ.ガスワングループは、お客様あっての企業であることに徹し、 エネルギー事業の発展と総合生活関連産業の拡充確立を図る。
Ⅱ.ガスワングループは、人間性尊重に基づいた明るい生き甲斐の ある職場づくりに努め、礼節と感謝の心を重んじ、社員はその 資質・個性を最大限に発揮する。Ⅲ.ガスワングループは、企業としての健全経営に徹し社会に報いる。
Ⅳ.ガスワングループは、「保安なくして企業の存続なし」のもとに 保安・安全の確保に努め、社会的地域的使命を果たす。
Ⅴ.ガスワングループは、お客様仕入先等企業をとりまくすべての 関係者と共に生活向上に向け、新しい価値を積極的に創造し企業文化を確立する。


TOPへ


目標17【パートナーシップで目標を達成しよう】

 理念を共にするご販売店様に、パートナーシップとして「ガスワンショップ」「ガスワン会」制度を設け、お客様に対して質の高い同一のサービスが提供できるよう、サービスシステムのご提供やセミナー、合同イベント等も頻繁に開催しています。
また、志を同じくする全国のご販売店様がガスワングループのインフラとノウハウを活用し、共に“お客さまにとって最も身近なホームエネルギーパートナー”を目指してまいります。


TOPへ


Copyright© Saisan Co.,Ltd. All Rights Reserved.