社長挨拶

 皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別なるご高配を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
ガスワングループの基軸である株式会社サイサンは、私の祖父 川本 二郎が戦後間もない1945年10月21日に創業し、本年75周年の節目の年を迎えました。 創業以来、グループの理念として「お客さま第一主義」と、「保安・安全の確保」を最重点におき、家庭用・業務用・ 自動車用LPガス、及び産業用・医療用等の高圧ガス、並びに、各種の関連商品を皆様にご提供してまいりました。 また、全国の販売事業者の皆さまの中で、この理念を賛同される方がいらっしゃれば、同志として交流したく存じます。 どうぞ、ご遠慮なくご連絡賜れば幸いです。

 1952年、当時『新しい炎』の熱源、プロパンガス(LPガス)の取り扱いを全国に先駆けて開始し、1960年には、後に2代目社長となる
「父 川本 宜彦」が米国の先進的なLPガス事業を半年間にわたり視察し、この貴重な体験は、我が国のLPガス事業の発展の礎になりました。
私は、21世紀の幕が開けた2001年1月1日父より3代目社長のバトンを受け取り今日に至っております。

 弊社発展の主軸エネルギーとなりましたLPガスは、化石燃料の中ではCO2排出量が少なくトップクラスの環境性能を持ちます。 2011年の東日本大震災以降、政府の「エネルギー基本計画」では、LPガスが分散型クリーンエネルギーとして、家庭業務用・産業用エネルギー、並びに自動車用エネルギーとして国民生活と産業活動を支えると共に、災害時にはエネルギー供給の「最後の砦」として位置付けられています。 近年、米国のシェール随伴LPガスの輸入が大幅に増加し、供給が安定すると共に調達コストの乱高下も抑制されてきました。

 国内では、数年前までサイサンを含めガスワングループ全体で東日本の地域が中心でしたが、近年、中部・関西・四国・九州を含め、西日本地域に拠点を拡大し、全国で営業展開を目指しています。
 海外におきましては、ガスワングループが長年培ったLPガスの保安技術やきめ細かなお客さまサービスをご提供し、アジア・太平洋地域でモンゴル、ベトナム、インドネシア、カンボジア、バングラディッシュ、ネパール、タイ、ラオス、及びインドでLPガス事業を拡大しており、「安全・安心・信頼」の日本ブランドとして高い評価を獲得しています。
 この結果、海外では、現在9ヵ国10社のネットワークを有しますが、更に充実していく所存です。

 皆様ご承知の通り、電力・都市ガスの規制緩和により、2016年4月から一般家庭への電力小売事業が全面自由化になりました。 弊社も新たに電力ブランド〝エネワン〟を立ち上げて積極的に参入し、お客さま件数は現在21万件を超え、LPガス業界ではトップの位置を占めています。 電力に次いで、都市ガスの自由化が2017年4月より始まりましたが、この市場にも参入し発展を目指しています。
 これにより、“ガス(LPガス・都市ガス)・電気・灯油・宅配水、並びに関連事業”をご提供する総合エネルギー事業者として、今後も果敢に挑戦し、Gas Oneグループは『お客さまにとって最も身近なホーム・エネルギーパートナー』になることを目指していきます。

 サイサンおよびガスワングループは、2045年の創業100周年ビジョン〝我が国を含め、アジア・太平洋地域において、総合エネルギー・生活関連事業でリーディング企業になる”の達成を目指し、社員一丸となって引き続き邁進して参りますので、今後共よろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長
川本 武彦
2020年3月


Copyright© Saisan Co.,Ltd. All Rights Reserved.