CO(一酸化炭素)中毒にご注意

CO(一酸化炭素)は、酸素不足によりガス器具が不完全燃焼を起こすとCO(一酸化炭素)を発生します。
CO(一酸化炭素)は極めて強い毒性をもっており、その物性は空気とほぼ同じ比重で、無色・無臭のためほとんど存在に気がつきません。少量を吸入しただけで酸欠症状におちいり、死亡事故に至る場合があります。
空気(酸素)が不足した状態でガスを燃やすと発生する為、「換気をして新鮮な空気を取込むこと」が事故を未然に防ぐ為の最も有効な手段です。
室内でガス機器(湯沸器、コンロ、風呂釜、ファンヒーター、炊飯器、等)をご使用の際


● 気分が悪くなった。(頭痛、吐き気など)
● たびたび火が消えた。
● 臭いがする。
● 炎が黄色(赤色)である。


この様な場合は「ガス機器の使用を中止」「窓を開けて換気」をして、 ガスワン サービスセンターまでご連絡ください。
弊社社員が点検にお伺いいたします。


煙突(排気筒)のない小型湯沸器をご使用の場合

● 屋内でガス機器をご使用の際は「換気扇をまわす」「窓を開ける」など換気に気を付けるようお願い致します。
(煙突のついた風呂釜・湯沸器を除きます)

● 小型湯沸器は長時間使用すると大変危険です。食器洗いなど台所専用で使いましょう。

● 換気部分がホコリや油で目詰まりすると、不完全燃焼を起こすことがあります。

煙突(排気筒)のある湯沸器を室内でご使用の場合

● 煙突(排気筒)の、接続不良、穴あき、詰り、外れ等により、COを含む排気ガスが室内に 漏れて一酸化炭素中毒で死亡に至る可能性もあります。
すぐに弊社へご連絡してください。

● 排気筒、給気口が、荷物などでふさがれていませんか。給気・排気を妨げ不完全燃焼を起こすことがあります。

● 屋内に設置されたガス瞬間湯沸器については点火後、自動的に消火する現象が繰り返し発生する場合には再点火は行わないでください。

こんな時にもご注意ください

● 点火操作を繰り返して、器具に詰まったガスが引火する事故が発生しています。
特に、再点火する時はご注意ください。

● 立ち消え。風や煮こぼれで火が消えることがあります
ガステーブルを使用する時はその場を離れず、必ず目で確認を!

● ガスをお使いのときは、必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は不完全燃焼をしている炎です。

安全な燃焼器具をお勧めします

● 不完全燃焼防止装置のついていないガス機器は、不完全燃焼防止装置付き機器にお取替えをお勧めします。

● 万が一に備え、CO警報器を設置しましょう。CO警報器は、排ガスの逆流や給気不足による一酸化炭素をキャッチし、ブザーでお知らせします。


ご不明な点につきましてはガスワン サービスセンターまでお問い合わせください。


Copyright© 2013 Saisan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP