LPガスの豆知識

LPガスとは、「Liquefied Petroleum Gas」の略称で「液化石油ガス」という意味です。主成分がプロパンの場合はプロパンガス、ブタンの場合はブタンガスと呼ばれます。 ご家庭で使われているガスは、大きく分けて『都市ガス』と『プロパンガス』があります。
新たに器具を購入する際は、LPガス専用の器具であることを確認してください。LPガスでは都市ガス用の器具をご使用いただけません。


LPガスの特徴

LPガスは気体ですが圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。使うときは気体となり、その体積は約250倍にもなります。 LPガスは本来、無色無臭です。ご家庭用ガスが臭うのは、漏れた場合にわかるように玉ねぎの腐ったような臭いを付けてあります。

LPガスと都市ガスとの違い

LPガスは空気よりも重く、都市ガスは空気よりも軽いという性質がありますので、LPガスのガス漏れ警報器は床面から30㎝以内の高さに設置してあります。
熱量を比較すると、LPガスの熱量は約100MJ/m3、都市ガスは約45MJ/m3と LPガスは都市ガスに比べて約2倍以上高く、家庭でも強い火力をご使用になることができます。

環境にもやさしい

LPガスはCO2発生量の少ない環境にやさしいクリーンエネルギーです。また、人体に有害な一酸化炭素(CO)は含まれていません。
ただし
・換気不足などで不完全燃焼を起こすとCOを発生します。
・LPガスそのものは炭化水素のため、大量に吸い込むと意識を失ったり窒息する場合もあります。

LPガスの優れた点

クリーンエネルギーとしてLPガスの優れている点は、次のとおりです。
1. 燃焼による排ガス中のCO2量は、石油や石炭に比べて非常に少ない
2. LPガスには硫黄分の含有量がほとんどなく、窒素も含まれていない
3. ススや灰分を出さない
4. オゾン層破壊の心配がない

たくさんの空気が必要

LPガスが燃える為には、たくさんの空気が必要です。
換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気が充満して不完全燃焼を起こします。
換気の際には十分ご注意ください。

災害時にも役立つ

LPガスはボンベで運べるため災害時にお役に立っています。平成7年の阪神・淡路大震災や新潟中越地震、東日本大震災の際にも、さまざまな場所での利用が可能のため他のエネルギーに比べいち早く復旧を果たしています。


ご不明な点につきましてはガスワン サービスセンターまでお問い合わせください。


Copyright© 2013 Saisan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP