ENTERY
ENTERY
MENU
T.S 1999年入社 海外事業 海外事業部

私の所属する海外事業部は、モンゴル、ベトナム、インドネシア、カンボジア、バングラデシュ、 ネパール、タイ、ラオス、インドのアジア太平洋エリア9カ国10拠点で展開しており、それぞれの海外拠点のサポートや、新規進出対応などを行っております。私自身は、現在カンボジアのグループ会社に出向し、現地法人の経営者を務めております。
入社して海外事業部に異動するまでは、埼玉県の伊奈営業所や長野県の飯田営業所(現在伊那営業所)などで、家庭用ガスのお客さま対応を担当していました。いつかは海外で仕事をしてみたくてこの会社を志望したので、個人的に英語の勉強を続けておりました。東京ビッグサイトで世界LPガス会議が行われた際には、自分から通訳を希望するなど積極的に海外の仕事に携われるよう行動したところ、入社して十数年後に海外事業部への異動となりました。

海外戦略スキルと現場力
両方を活かして
役立つサービスを届けたい

海外事業部に配属となって最初の約3年間は先輩方のサポートの下、海外戦略における様々なスキルを身につけるべく努力しました。そのおかげで現在はカンボジアにて今までに身につけた経験が活かせていると感じています。今後はさらに海外戦略スキルと営業時代に培った現場力の両方を用いて、現地のお客さまに役立つサービスを提供していきたいです。今では目標に掲げていた海外現地法人の経営者になることが出来ましたが、まだまだ学ぶべきことが山ほどあります。海外事業部ではこの先もさらに拠点を増やす計画があるため、今後も努力を続ける必要があると考えています。
サイサンは、会社としてのチャレンジがダイナミックで決断も早い。また、自分がやりたいことに積極的に取り組めばチャンスをくれる、挑戦する価値のある会社だと思います。

自分が思い描く夢を叶えるためには「将来こうありたい」という自分像を意識し、自分の仕事や生活態度を振り返り、足りない部分を埋めながらステップアップを繰り返す。その積み重ねによって理想とする自分像に近づき、将来の夢が達成されるのだと思います。入社して掲げていた目標を達成することが出来ましたが、今後も一つ一つ自身の不足している部分を補いながら、更なる目標に挑戦していきたいですね。

SAISAN PERSON

INDEX

ページトップへ