人気No.1の社会体験アプリ「ごっこランド」にガス業界唯一のパビリオンを出展
子どもたちが身近なエネルギーを考えるきっかけづくりの一助に

 当社は、株式会社キッズスター(本社:東京都世田谷区、代表取締役 平田 全広)が提供する親子で遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に、新規パビリオン「ガスワンタウンをつくろう!」を出展、12月21日にリリースしました。
 本パビリオンは「ガスがどこから、どのように採掘され、どのように日本に届き、各家庭に送られてくるのか」を学べる構成にしています。コンテンツを通し、子育てファミリー層に、ガス業界の仕事に対する関心喚起と、サイサンのブランド「ガスワン」の認知拡大を図ると共に、どこの家でも当たり前に使っているエネルギーを考えるきっかけづくりや、ユニフォームを着用して働く社員が、このコンテンツの主人公になっている自分自身の「仕事に対する誇り」の創出を期待しています。
 アプリを運営するキッズスターは、新規パビリオンの出展に際し、「一業種一社制」での協賛を募集しており、当社の「ガスワンタウンをつくろう」は、ガス業界で唯一のパビリオンとなります。

1)パビリオン「ガスワンタウンをつくろう!」について





展開する主なシーン

〔 シェールガス採掘 〕

世界地図の中からシェールガス採掘場のひとつ、アメリカ・テキサスを選んで開始します。陸上のガス田採掘施設で地中をドリルで掘り、地中に通したパイプから水を出して岩を砕き、ガスをパイプに回収するまでのシェールガスを採掘する仕組みを学びます。

〔 パイプライン輸送ミニゲーム 〕

ガスが採掘場から湾岸の液化プラントまでパイプラインを通って運ばれるシーンを、ミニゲームとして実装。ボタンタップでスタートからゴールまで走り切る時間を競います。

〔 ガス輸送 〕

ガスを液化プラントでタンカーに積み込み、日本に向けて出港します。到着後、ガスを港の受入基地でタンクローリーに詰め替え、サイサンの施設に運びます。

〔 ガス配送ミニゲーム 〕

ガスを工場や病院、家庭に届けるシーンを、子どもたちが楽しめるミニゲームとして実装。形の違うガスボンベの中から、各施設に合った形状のボンベをはめ込むパズルになっています。

2)「ごっこランド」とは


アプリ名:社会体験アプリ「ごっこランド」

・ダウンロード数:260万DL(2018年11月現在)
・ランキング:iPhone / iPad子ども向け・教育 GooglePlay 子供向け 無料1位獲得
・想定対象年齢/ 2~9歳
・紹介動画URL:https://youtu.be/sW505UuRmmY


子どもが大好きな「なりきり」「ごっこ」遊びを通し、インタラクティブに社会のしくみを学び、自由に遊べる無料の社会体験アプリ。毎月の訪問者数は約40万人(ユニークユーザー)、プレイ回数は800万回を超える高いアクティブ性が特徴。「ごっこランド」は、企業の新規パビリオンの出展に際し、「一業種一社制」での協賛を募集。当社は、このしくみを、特に主たる利用者となる子どもたちがコンテンツを楽しむ体験を通じて、ガス業界ならびに当社のブランド価値の向上に資する特別な思いの醸成が期待できるものと考え、新しいブランディングの手法として協賛を決めています。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

経営企画室
広報・ブランディング担当 桜木由美子
TEL : 048-641-8211
E-mail: pr@saisan.co.jp


Copyright© 2013 Saisan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP